離婚カウンセリング/離婚・夫婦問題に関するお悩みはカウンセラー行政書士のレナータへ

離婚カウンセリング・離婚協議書作成は女性行政書士の離婚・夫婦問題相談室レナータへ(東京都文京区)東京都文京区小石川1-12-16 小石川TGビル3F TEL03-5656-3812 受付年中無休9:00-22:00 お問合せ・お申込みフォームはこちら(24時間受付)
トップページ カウンセリング・料金 書類作成・料金 プロフィール アクセス お申込み方法

離婚時に決めること

財産分与

財産分与とは、結婚中に夫婦が協力して築いた財産を、離婚の際に分配することです。財産分与の対象となるのは、預貯金・不動産・車・株式などです。夫婦が結婚後に協力して得たものであれば名義がどちらであるかは関係ありません。住宅ローンや借金などマイナスの財産も対象になりますのでご注意ください。

分配割合は、お互いの話し合いで自由に決めることができますが、基本的には夫婦平等に2分の1ずつです。離婚原因は財産分与に影響しませんので、たとえば妻の不倫が原因で離婚に至った場合も妻からの財産分与請求は可能です(ただし妻が夫に慰謝料を支払う義務が生じますので差し引きすることはできます)。

夫婦であっても個人の所有と認められるものは分配の必要はありません。結婚前にためたお金や所有物、結婚後であっても親から相続した財産などは各々の個人財産となりますので財産分与の対象外です。

分与の方法
現金は簡単に分けられますが、不動産や車などは処分してお金に換えるのか、どちらかがそのまま所有して差額分を相手に現金で支払うのかを決めなければなりません。差額を支払うケースは分割払いになることが多いですが、先々の支払いを確保するためにも、支払い期間・支払い金額・支払い方法などの取り決めを離婚協議書に記載して公正証書に残しておきましょう。

なお、離婚後でも財産分与請求は可能ですが、2年で時効となりますのでご注意ください。

離婚協議書および公正証書の作成は堀越千香子行政書士事務所がうけたまわります。
ご不明な点はどうぞお気軽にお問合せください。


お問合せ・お申込みは下記からどうぞ

TEL:03-5656-3812

<受付時間>年中無休 9:00-22:00

フォームボタン

離 婚 の 基 礎 知 識 離婚時に決めること 親権者 養育費 面会交流 財産分与 慰謝料 年金分割 離婚の種類 協議離婚 調停離婚 裁判離婚 離婚と戸籍 離婚後の戸籍と姓 子どもの戸籍と姓 別居中の生活費 内縁関係・事実婚 離婚とメンタル
  トップページ カウンセリング 書類作成 プロフィール アクセス お申込み方法  

離婚・夫婦問題相談室レナータ

〒112-0002 東京都文京区小石川1-12-16 小石川TGビル3F
TEL:03-5656-3812
E-mail:info@room-renata.com
ホームページ:http://www.room-renata.com/